高岡ケーブルネットワーク

富山のニューノーマル

コロナを機に富山で変わったこと、変わりゆくものや地域の「へぇ~」な発想や人を紹介し、経済・教育・災害対策・働き方・家事など、あすの“暮らしのヒント”を届けます。

【5分】

放送時間 14:40 ほか

9ch

最新の放送内容

富山のニューノーマル これまでの放送

2021年6月16日(水)~ 第1回「新湊の歴史を唄い継ぐ デジタル会報」

新湊生まれの辻宏和さん、39歳。仕事柄、地域のお年寄りと接する機会が多い辻さんは、幼いころから地元の曳山・獅子舞祭りに携わり、昨年「新湊めでた保存会」に入会した。地元の伝統文化の継承、若者ならではの情報発信の取り組みを紹介する。射水ケーブルネットワーク制作

2021年7月6日(水)~ 第2回「ピンチをチャンスに 町工場の新たな挑戦」

富山市に赤田にある「秀和(しゅうわ)商会」。路線バスや観光バスなどの内装で使われる縫製品を専門に作っていた会社が、コロナ禍以降、ある商品を新たに作り始めました。それは「布製マスク」。5か月で3万枚を売り上げた大ヒット商品となりました。ケーブルテレビ富山制作

秀和商会のホームページはこちら

2021年7月14日(水)~ 第3回「金屋町御印祭 オンライン弥栄節」

高岡鋳物の発祥地、金屋町に伝わる鋳物師歌、弥栄節(やがえふ)の町流し。感染防止のため2年連続で中止になりましたが、有志たちがオンラインで弥栄節踊りを実施しました。ネット配信される囃子の生演奏に合わせて各家の踊り手たちの心は一つに。「来年はぜひ石畳の道で流したい」
高岡ケーブルネットワーク制作

弥栄節保存会のWebページはこちら

2021年7月28日(水)~ 第4回「消防団でつながる 地域との絆」

朝日町の土木建築会社「深松組」で働くベトナム人技能実習生ソンさんとチンさん。新型コロナのために地域との交流が少なくなったとき、勧められて消防団に入団しました。BBT(富山テレビ放送)制作

【放送予定】


2021年8月18日(水)~ となみ衛星通信テレビ制作
2021年9月1日(水)~ 能越ケーブルネット制作

バックナンバー