Windowsメール の設定方法 (Vista)

まずは高岡ケーブルより郵送された「加入受付書」をご用意ください。

手順1

Windowsメールを起動します。

①「ツール」をクリックし、②「アカウント」をクリックします。

※ 起動と同時に、表示名を入力する画面が表示される場合があります。その場合は、手順4へお進みください。

WindowsMail


手順2

「インターネットアカウント」の画面が開きますので「追加」ボタンをクリックします。

※既に設定されたメールアカウントが入っている場合、削除する必要があります。
削除の方法は
不要なメールアカウントを削除するには手順2をご確認ください。


WindowsMail

手順3

「アカウントの種類の選択」の画面が表示されます。

①「電子メールアカウント」をクリックします。

②「次へ」をクリックします。

WindowsMail

手順4

「名前」の画面が表示されます。

①「表示名」にメールの送信名を入力します。何でも結構ですが、お客様のお名前を入れることをお勧めします。

②「次へ」をクリックします。

WindowsMail

手順5

「インターネット電子メールアドレス」の画面が表示されます。

①加入受付書に記載の「Eメールアドレス」を入力してください。

②「次へ」をクリックします。

WindowsMail

手順6

「電子メールサーバーのセットアップ」の画面が表示されます。

①「受信メールサーバーの種類」は「POP3」を選択してください。

②「受信メール(POPまたはIMAP)サーバー」には、加入受付書の「受信(POP3)サーバー」を入力してください。
※ p1.tcnet.ne.jp か p2.tcnet.ne.jp のどちらかが入ります。

③「送信メール(SMTP)サーバー名」には、加入受付書の「送信(SMTP)サーバー」を入力してください。
※ p1.tcnet.ne.jp か p2.tcnet.ne.jp のどちらかが入ります。

④「送信サーバーには認証が必要」にはチェックを入れます。

⑤「次へ」をクリックします。

WindowsMail

手順7

「インターネット メールログオン」の画面が表示されます。

①「ユーザー名」には加入受付書の「メールアカウント名」を入力します。
※ 通常は自動的に入力されます。

②「パスワード」には加入受付書の「メールパスワード」を入力し、
「パスワードを保存する」にはチェックを入れます。
※「#$%&」の記号はキーボードの「Shift」を押しながら入力してください。


③「次へ」をクリックします。

WindowsMail

手順8

「設定完了」の画面が表示されます。

①「今は電子メールをダウンロードしない」にチェックを入れます。

②「完了」をクリックします。

WindowsMail

手順9

「インターネットアカウント」の画面に戻りますので、「閉じる」ボタンをクリックして画面を閉じます。
以上で設定は終了です。

WindowsMail




【参考】不要なメールアカウントを削除するには

以前使っていた不要なメールアカウントを削除する場合は、以下の手順で設定を行ってください。

また、上記の手順1~9で設定を行ったにもかかわらず、うまくメールの送受信ができない場合は設定ミスが考えられます。
その場合も以下の手順でアカウントを削除した後、再度上記1~9の手順で設定を行ってください。

手順1

①「ツール」をクリックし、②「アカウント」をクリックします。

WindowsMail

手順2

①「メール」カテゴリ内の消したいアカウントをクリックします。
※メールカテゴリ自体がない場合は、設定されたメールアカウントが一個も無い状態なので、この作業は不要です。

②「削除」ボタンをクリックします。
「アカウント'※※※※※'を削除しますか?」という画面が出ますので、「OK」をクリックし、削除してください。
※削除したいメールアカウントが複数ある場合は①~②の手順を繰り返します。


WindowsMail

フリーダイアル
Webからの新規申し込み・お問い合わせはこちらから