Windows Live メールの設定方法 (8・7・Vista)

まずは高岡ケーブルより郵送された「加入受付書」をご用意ください。

手順1

Windows Live メール 2011を起動します。

①「アカウント」タブをクリックします。

②「電子メール」をクリックします。

LiveMail11

手順2

「自分の電子メール アカウントを追加する」の画面が表示されます。

①各項目を以下のように入力します。
項目 入力する文字列
電子メールアドレス 加入受付書の「Eメールアドレス」
パスワード 加入受付書の「メールパスワード」
※「#$%&」の記号はキーボードの「Shift」を押しながら入力してください。
パスワードを保存する チェックを入れます
表示名 何でも結構ですが、お客様のお名前を入れることをお勧めします
手動でサーバー設定を構成する チェックを入れます

この電子メールアカウントを既定にする 通常、この項目は表示されませんが、表示された場合、別のアカウントが既に設定されている可能性があります。あらかじめ既に設定されたアカウントを削除の上、以降の設定を行ってください。
設定方法はこちらから

②「次へ」をクリックします。

LiveMail11

手順3

「サーバー設定を構成」の画面が表示されます。

①受信サーバー情報の各項目を以下のように設定します。
項目 入力する文字列
サーバーの種類 「POP」を選択します
サーバーのアドレス 加入受付書の「受信(POP3)サーバー」。
p1.tcnet.ne.jp もしくは p2.tcnet.ne.jpのどちらかが入ります。
ポート 110
セキュリティで保護された
接続(SSL)が必要
チェックを入れません
次を利用して認証します 「クリア テキスト」を選択します。
ログオンユーザー名 加入受付書の「メールアカウント名」


②送信サーバー情報の各項目を以下のように設定します。
項目 入力する文字列
サーバーのアドレス 加入受付書の「送信(SMTP)サーバー」。
p1.tcnet.ne.jp もしくは p2.tcnet.ne.jp のどちらかが入ります。
ポート 25
セキュリティで保護された接続(SSL)が必要 チェックを入れません
認証が必要 チェックを入れます


③「次へ」をクリックします。

LiveMail11

手順4

「電子メール アカウントが追加されました」と表示されますので、「完了」ボタンをクリックします。
以上で設定は終了です。

LiveMail11


【参考】不要なメールアカウントを削除するには

以前使っていた不要なメールアカウントを削除する場合は、以下の手順で設定を行ってください。

手順1

Windows Live メール 2011 のホーム画面を出します。

①設定されたアカウントを右クリックします。
※設定済みのアカウントがない場合、この作業は不要です。

②「アカウントの削除」をクリックします。

LiveMail11

手順2

アカウント削除の確認画面が出ますので、「はい」をクリックします。

以上でアカウント削除の手順は終了です。

LiveMail11
フリーダイアル
Webからの新規申し込み・お問い合わせはこちらから