Windows Live メール 2009 の設定方法 (7・Vista・XP)

まずは高岡ケーブルより郵送された「加入受付書」をご用意ください。

手順1

Windows Live メール 2009を起動します。

①メニューボタンを押します。

②「メニューバーの表示」を選択します。
※「メニューバーの表示」ではなく、「メニューバーの非表示」が出る場合は既に表示状態になっていますので、そのまま手順2にお進みください。

※ 設定をするパソコンにWindows メール、Outlook Express、Microsoft Outlookがインストールされていない場合、インストールされていてもアカウントの設定がされていない場合は、「電子メールアカウントを追加する」の画面が表示されますので、手順5へお進みください。

LiveMail09

手順2

①「ツール」ボタンを押します。

②「アカウント」をクリックします。

LiveMail09

手順3

「アカウント」の画面が表示されますので、「追加」ボタンをクリックします。

※既に設定されたメールアカウントが入っている場合、削除する必要があります。 削除の方法は不要なメールアカウントを削除するには手順2からの操作をご確認ください。

LiveMail09

手順4

「アカウントの追加」の画面が表示されます。

①「電子メールアカウント」を選択します。

②「次へ」ボタンをクリックします。

LiveMail09

手順5

「電子メールアカウントを追加する」の画面が表示されます。

①各項目を以下のように入力してください。
項目 入力する文字列
電子メールアドレス 加入受付書の「Eメールアドレス」
パスワード 加入受付書の「メールパスワード」
※「#$%&」の記号はキーボードの「Shift」を押しながら入力してください。
表示名 何でも結構ですが、お客様のお名前を入れることをお勧めします

②「電子メールアカウントのサーバー設定を手動で構成する」にはチェックを入れません。

③「次へ」をクリックします。

LiveMail09

手順6

①「受信サーバー情報」の各項目を以下のように入力してください。
項目 入力する文字列
受信メールサーバーの種類 「POP3」を選択します。
受信サーバー加入受付書の「受信(POP3)サーバー」。 p1.tcnet.ne.jp もしくは p2.tcnet.ne.jpのどちらかが入ります。
ポート110
このサーバーはセキュリティで保護
された接続(SSL)が必要
チェックを入れません。
ログインに使用する認証 クリア テキスト認証
ログインID 加入受付書の「メールアカウント名」

②「送信サーバー情報」の各項目を以下のように入力してください。
項目 入力する文字列
送信サーバー 加入受付書の「送信(SMTP)サーバー」。 p1.tcnet.ne.jp もしくは p2.tcnet.ne.jp のどちらかが入ります。
ポート25
このサーバーはセキュリティで保護
された接続(SSL)が必要
チェックを入れません。
送信サーバーは認証が必要 チェックを入れます。

③「次へ」をクリックします。

LiveMail09

手順7

「完了」をクリックします。
以上で設定は終了です。

LiveMail09



【参考】不要なメールアカウントを削除するには

以前使っていた不要なメールアカウントを削除する場合は、以下の手順で設定を行ってください。

また、上記の手順1~7で設定を行ったにもかかわらず、うまくメールの送受信ができない場合は設定ミスが考えられます。

その場合も以下の手順でアカウントを削除した後、再度上記1~7の手順で設定を行ってください。

手順1

①「ツール」ボタンを押します。

②「アカウント」をクリックします。

LiveMail09

手順2

「アカウント」の画面が表示されます。

①「メール」カテゴリ内の消したいアカウントをクリックします。
※「メール」カテゴリ自体がない場合は、設定されたメールアカウントが一個も無い状態なので、この作業は不要です。

②「削除」ボタンをクリックします。

LiveMail09

手順3

アカウント削除の確認画面が出ますので、「OK」をクリックします。
以上でアカウント削除の手順は終了です。

LiveMail09
フリーダイアル
Webからの新規申し込み・お問い合わせはこちらから