放送番組基本計画

1.基本計画

何人からも干渉されず、不偏不党の立場を守って、放送による言論と表現の自由を確保し、豊かで価値ある情報を提供することによって、公共の福祉の増進と文化の向上を図り、地域の産業と経済の繁栄に貢献する。

2.放送時間

1.定期的な番組の編成は、原則毎日24時間行う。
2.臨時の番組については、その都度必要に応じて適宜編成する。

3.番組の種類と基準

放送番組は、地域住民のために必要な広報・地域ニュース等の報道番組、教育・文化・スポーツ等の教育・教養番組、映画・演劇・レジャー等の娯楽番組、およびその他のショッピング・経済・健康・医療番組などで編成する。

1.報道 社会にとって重要なあるいは関心のある時事的な出来事や動きを報じる番組。
2.教育 知見を広め、情操を豊かにし、倫理性を高め、かつ生活の向上を意図した番組であって、
    学校教育または社会教育に資することを意図した番組。
3.教養 知見を広め、情操を豊かにし、倫理性を高め、かつ生活の向上を意図した番組。
    ただし、教育に属するものを除く。
4.娯楽 スポーツ、音楽を含め、生活を明るく、楽しく豊かにすることを意図した番組。
5.その他
  通信販売  商品またはサービスの通信販売を目的とした番組。
  その他   上記のいずれにも属さないもの。

4.番組の配列

番組の編成にあたっては、報道、教育、教養、娯楽などすべての番組をそれぞれ性格に応じて地域社会の視聴対象及び生活時間を考慮し、各番組相互間の調和と適性を保つように努める。
以上
平成24年1月31日改訂