高岡御車山祭 代替事業

2021/02/22 ~放送

高岡御車山保存会は、2年連続で御車山祭を中止したことで伝統的な祭りの慣習が途切れないようにと、
5月1日の祭り当日に1基のヤマを曳き、いくつかの町の囃子方が演奏する代替事業に取り組むことを19日に開いた理事会で決めました。

御車山保存会によりますと、
祭り前日にあたる4月30日に、御車山会館で小馬出町の宵山行事を執り行い、翌5月1日の午前中に、小馬出町のヤマを御車山会館から出して
小馬出町までのおよそ500メートルの区間を曳きます。

このあと、会館内では木舟町がヤマの組み立てを行い、いくつかの町が囃子を披露することになりました。

一連の取り組みは、祭り衣装を身にまとい本番さながらに行うということで、テレビやインターネットを通じて少しでも多くのひとに見てもらいたい、としています。

%e5%be%a1%e8%bb%8a%e5%b1%b1