勝興寺奥書院で囲碁棋聖戦

2021/01/25 ~放送

囲碁界の最高峰を争う第45期棋聖戦7番勝負の第2局が22、23の両日、
伏木の勝興寺で行われました。

棋聖戦が開かれるのは、県内では8年ぶり、市内では14年ぶり。
伏木の勝興寺で行われるのは初めてで、
9連覇を目指す井山裕太棋聖と
挑戦者・河野臨九段が対局しました。

前日の21日、2人は会場を視察し、抱負を述べました。

対局は22日朝9時から
奥書院の「金之間」と呼ばれる一室で、井山棋聖の先手で始まりました。

近くの伏木コミュニティセンターでは、
対局に合わせて、プロ棋士による大盤解説が行われ、
およそ80人のファンが大一番を見守りました。

第2局は2日目の23日午後7時12分に
井山棋聖が河野九段に中押し勝ちで2勝目を挙げました。

%e6%a3%8b%e8%81%96