御旅屋ローカル5G整備へ始動

2020/10/12 ~放送

高速大容量の「ローカル5G」を御旅屋通りに整備する
「御旅屋賑わい創出事業」の第1回実行委員会が5日、
御旅屋セリオ5階で開かれました。

実行委員会には、商店街の関係者と学識者、
ケーブルテレビの技術者など合わせて14人が出席しました。

はじめに、ローカル5Gを使って
スマートフォンのアプリで見ることができる、
江戸時代の宿泊施設「御旅屋」のARVR映像を監修する
高岡市立博物館副主幹学芸員の仁ヶ竹亮介さんが、
御旅屋の成り立ちや特徴をビデオで説明しました。

会合では、
事務局をつとめる市の担当者が、映像制作に加え
ローカル5GとWi-Fiなど
基本的な設備を整備する事業の収支計画や
今後のスケジュールなどを説明し、確認しました。

still1012_00002