たかおか朝市40年でにぎわう

2020/09/14 ~放送

地元の朝とれ野菜や農産品や雑貨などを販売する
青空市「たかおか朝市」が、
昭和56年のスタートからちょうど40年目となり、
13日はいつもの2倍近い大勢の人でにぎわいました。

「たかおか朝市」は、
坂下町商店街の会員らで作る実行委員会が、
昭和56年の秋から毎年春から秋にかけて月に2回、
高岡大仏が見える坂下町通りに開いているものです。

この日は朝5時過ぎから
新鮮な野菜や惣菜・雑貨などを販売する
およそ50の店が並び、
大勢の客が訪れました。

40年を記念して
朝市で知られる
岐阜県高山市と石川県輪島市から
6つの店が特別に出店しました。

ことしの「たかおか朝市」は、
10月25日まで毎月第2と第4日曜日に開かれます。

still0914_00003