プレゼント用の紙バッグづくり

2020/08/11 ~放送

手作りのラッピングで世界にひとつだけの紙バッグを作るワークショップが9日、
イオンモール高岡西館のきときとコートで開かれました。

これは、イオンモール高岡が富山大学芸術文化学部とコラボした取り組みで、
イオンモールの店舗でプレゼントを購入した買い物客を対象に、
手作りのラッピングで世界にひとつだけの紙バッグを作ってもらおうというものです。

参加者は、芸術文化学部のデザインコースで学んでいる大学生に手伝ってもらい、
バッグの中央にちいさなスタンプをいくつも押してハートの形を描いていきました。

ハートの形は、
情緒ある街並みで知られる金屋町の石畳に隠れているハートの形をヒントにしているということで、
観光PRも兼ねています。

大学生たちは、ワークショップやデザインを通してメッセージを伝え
喜んでもらうことの意義をあらためて実感したようでした。

%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b0