高校応援部3年生最後の舞台

2020/08/03 ~放送

新型コロナウイルスの影響で
高校野球などが無観客で行われているため
表現の機会を奪われていた応援部と
チアリーディング部の生徒たちが1日、
ウイング・ウイング高岡でステージでの演技を発表しました。

これは第16回富山県高等学校校歌祭として開かれたもので、
今回は富山商業と高岡商業の
2校合わせて62人が参加しました。

ことしは新型コロナウイルスの影響で
高校生のスポーツ大会が原則無観客で行われているため、
応援部とチアリーディング部の生徒は出番がなかったということで、
3年生にとってはこの日が高校生活最後の演技となりました。

参加者は、演技をする機会を得た生徒たちは
キレのある動きや
大きな声で息の合った応援を見せ、
保護者らに練習の成果を披露していました。

最後は、
参加した生徒全員が県民にむけてエールをおくりました。

会場では、
検温や座席の間隔を空けるなど感染予防対策が徹底され、
保護者やOBOGおよそ150人が応援の発表を見守ったということです。

still0803_00003