御印祭 神事のみ厳かに

2020/06/22 ~放送

戦後70年あまり続いた御印祭の町流しが
新型コロナウイルスの影響で初めて中止となり、
20日に、
横田町の有礒正八幡宮で
神事のみが厳かに行われました。

御印祭は、
関係者による神事が有礒正八幡宮で行われ、
祭りの関係者5人のみが参加しました。

神事では
上田正宙宮司が祝詞を奏上し、
参加者が次々に玉串を奉納しました。

御印祭は例年、
前夜祭の19日に
鋳物作業歌「弥栄節」に合わせて町流しが行われ、
およそ千人の踊り手が
金屋町の石畳通りを踊り歩きますが、
ことしは新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため
戦後初めての町流し中止となりました。

still0622_00001