「オンライン弥栄節」踊り楽しむ

2020/06/22 ~放送

御印祭の前夜祭にあたる19日夜、
中止になった町流しの代わりに、
金屋町の住民有志がインターネットでつなぎながら
それぞれの家で弥栄節を踊って
「オンライン弥栄節」を行いました。

「オンライン弥栄節」は、
金屋本町に住む蓑仁美さんなど地元の有志が、
一緒に踊りを楽しめないかと
「オンライン授業」や「オンライン飲み会」などを参考に
4月中旬から準備してきたもので、
「ズーム」というビデオ会議システムを使って
同じ時間に同じ曲に合わせて踊ることにしました。

この日は、
町流しの開始時間と同じ午後7時半すぎに、
町内の7世帯、10人あまりが
それぞれの家から参加しました。

蓑さんの家では、手作りの提灯が飾り付けられ、
浴衣を着た蓑さんと長女の心香さんの2人が、
インターネットで流れる
「弥栄節」に合わせて踊りました。

参加者は
今月に入って2、3回、けいこを行ってきたということで、
インターネットの分割画面に映る仲間の姿を見ながら
およそ30分間、楽しそうに踊っていました。

still0622_00002