野菜販売のシルバーふれあい市スタート

2020/06/22 ~放送

近所にスーパーなどがなく
“買い物難民”になっている高齢者のために、
野菜などを販売する「シルバーふれあい市」が、
博労本町にある高岡市ふれあい福祉センターで
週に3日、行われることになり、
17日、初めての市が開かれました。

この日は、オープニングの式が行われ、
市を運営する
公益社団法人高岡市シルバー人材センターの
山達是人理事長があいさつしました。

シルバーふれあい市は
シルバー人材センターが
御旅屋通りで5年余り開いていた
「シルバーショップ高岡」を3月20日に閉じたことから
その代わりにオープンさせたものです。

この日は、
午前10時のオープン前から50人ほどの列ができ、
オープンと同時に
目当てのトマトやナス、キュウリなど
地場産の野菜を買い求めていました。

野菜は、
シルバー人材センターに登録する会員
およそ150人が栽培したもので、
市価よりも2割から1割ほど安くなっているということです。

シルバーふれあい市は
毎週月曜日・水曜日・金曜日の
午前10時から午後1時までの3時間で、
天候のよい日は屋外で、
雨の場合はふれあい福祉センターの
ホール内で開かれることになっています。

still0622_00003