中央図書館 感染症の本を展示

2020/06/01 ~放送

市立中央図書館では、感染症について知識をもっと深めてもらおうと
「感染症」に関する本を集めて展示しています。

これは中央図書館が1日から通常の閲覧と貸し出しサービスを
再開することから始めたもので、近年出版された実用書から
過去にさかのぼる歴史書までおよそ200冊を展示しています。

中には、家庭で簡単にできる感染予防のハウトゥ本、
新型コロナウイルスにクイズ本、イラストを多く使った漫画形式の児童書などのほか、
コレラやエボラ出血熱など感染症の歴史を記録した書などがあります。

展示している本は、貸し出しもできるということです。

still0601_00001