緊急事態宣言解除 イオン営業再開

2020/05/25 ~放送

県内の緊急事態宣言が14日に解除されたのを受け、
高岡市内では週明けから
ショッピングモールや公共施設などが営業を再開しました。

イオンモール高岡は18日、
専門店街とレストランの営業が
およそ1か月ぶりに再開され、
マスク姿の家族連れや若者らが次々に訪れました。

御旅屋セリオや
中心商店街も営業を再開しましたが、
人の姿はまだまばらでした。

一方、34の公共施設も
18日から順次再開され、
御車山会館では家族連れが訪れていました。

ただ御車山会館では、
展示フロアの中心にある御車山の実物の展示がまだ間に合わず、
一部の体験コーナーも使用中止にしていることから
やや寂しい再開となりました。

二塚の高岡スポーツコアでは、
通常の平日よりすこし多い
112人の利用者が訪れ、
久々の運動で気持ちの良い汗を流していました。

古城公園動物園は19日、47日ぶりに再開し、
来園者同士の接触を避けるため、入口と出口を分け、
消毒液を置くなどの感染防止対策が取られました。

この日は午後から天候に恵まれ、
家族連れなどでにぎわっていました。

高岡市は22日、記者会見を開き、
25日から伏木・戸出・中田のコミュニティセンターと
福岡のUホール、それに各地区の公民館など
80の施設をさらに順次再開させると発表しました。

中央図書館はじめ市内5つの図書館は、
26日から通常通り貸し出しを再開しますが、
館内で長時間閲覧することはまだできないことになっています。

still0525_00004