福岡町で恒例の元旦健康マラソン

2020/01/06 ~放送

福岡町恒例の元旦健康マラソンが1日行われ、
大勢のひとが走り初めで気持ちを新たにしました。

福岡町の元旦マラソンはことしがちょうど40回目。
開会式では、実行委員会の川島国会長が
「令和最初の元旦マラソンです。それぞれの目標を持ってマラソンを楽しみ、すばらしい一年になるよう願っています」とあいさつしました。

参加者は、小学1年生から74歳までの合わせておよそ400人で、
中には着ぐるみの人もいて、和やかな雰囲気となりました。

午前7時、合図とともにランナーが一斉にスタートしました。

コースは、小矢部川を渡ってUホールへ戻る例年と同じおよそ4キロ。
この日は、雪がうっすらと残る、冷え込んだ朝となり、
参加者は白い息を吐きながら、力強い足取りで駆け抜けました。

曇り空で初日の出は見えませんでしたが、雲の切れ間から時折、日が差し込み、
すがすがしい空気のなかで参加者は思い思いの走り初めを楽しんでいました。

%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%82%bd%e3%83%b3