武道けいこ始め、精進を誓う

2020/01/06 ~放送

恒例の新春武道稽古始めが4日、県営高岡武道館で行われ、
参加者がことし一年の精進を誓いました

稽古始めには柔道・剣道・空手道などの7つの団体から合わせておよそ600人が参加しました。

開会式でははじめに、市の体育協会の塩谷雄一会長が
「ことしは東京オリンピック、パラリンピックが開かれます。武道やスポーツに関心を持ってもらういい機会にしましょう」とあいさつしました。

続いて柔道の模範演技が行われ、
高岡第一高校の梨谷響一郎さんと西野一真さんが投げの形を披露しました。

このあと4つの会場に分かれ、それぞれ初げいこに臨みました。

このうち剣道では、マンツーマンで先生に打ち込む指導稽古が行われ、
子どもたちが大きな掛け声とともに懸命に打ち込みました。

また柔道では、学年ごとに分かれて自由に技をかけあう乱取りを行いました。

%e6%ad%a6%e9%81%93