たかおか朝市再開にぎわう

2019/04/15 ~放送

恒例の「たかおか朝市」が13日、
坂下町通りで始まり、
子どもたちの獅子舞などでにぎわいを見せました。

「たかおか朝市」は
毎年春から秋にかけて毎月2回開いているもので、
ことしで39年目になります。

ことしも高岡大仏前のおよそ250メートルの通りに、
新鮮な野菜や果物、
加工品などを売る
およそ60の店が並び、
大勢の買い物客でにぎわいました。

オープニングセレモニーでは、
実行委員会の酒井敏行委員長があいさつしたあと、
地元、平米小学校の5年生が、
獅子舞を披露しました。

子どもたちの獅子舞は
今回がちょうど20回目の参加で、
去年の12月から練習してきた
「ひとあし」や「テレホロ」など
4つの演目を演じると
会場から大きな拍手が送られていました。

ことしのたかおか朝市は
10月27日まで
第2と第4日曜日に開かれます。

still0415_00000