御車山を守った与四兵衛しのぶ

2019/04/08 ~放送

来月1日の高岡御車山祭を前に江戸時代に御車山の由緒格式を守ったとされる
津幡屋与四兵衛の顕彰祭が3日、厳かに行われました。

顕彰祭は高岡関野神社の境内で行われ、御車山保存会の理事や
髙橋市長など合わせておよそ30人が出席しました。

与四兵衛は今から244年前の1775年に起きた「安永の曳山騒動」で、
御車山の由緒格式を守ったとされる人で
毎年、この時期に顕彰祭が行われています。

顕彰祭では高岡関野神社の酒井昌正禰宜が祝詞をあげ
保存会の竹田彰宏会長らが玉ぐしを捧げました。

出席者は、与四兵衛の遺徳をしのぶとともに御車山祭の無事に行えるよう祈願していました。

still0408_00004