山町筋のひなまつりで多彩な催し

2019/03/11 ~放送

伝統的な土蔵造りの町家や商店が並ぶ山町筋で、
ひな人形を飾る催し「山町筋のひまなつり」が9、10の両日開かれました。

これは、山町筋一帯が国の重要伝統的建造物群保存地区に選ばれたことをきっかけに
2001年から毎年開かれているもので、ことしで19回目です。

ことしは、町家の座敷や商店など32か所に、江戸時代の古い人形から
京都の老舗の人形まで合わせておよそ140点が展示されました。

山町筋防災施設では、中国の楽器「二胡」の演奏会が開かれ、着物姿の人たちが
弦楽器の美しい響きに聴き入っていました。

また60年前の市内を写真で振り返るコーナーなどもあり、
懐かしい町の風景が注目を集めました。

土蔵造りのまち資料館には、茶席が設けられ、
訪れたひとが豪華な段飾りをながめながら一服を味わっていました。

このほか、観光交流施設の山町ヴァレーでは音楽ライブを中心とした
イベント「ひなフェス」が開かれ、ミュージックバルーンショーや
高岡西部中学校吹奏楽部の演奏などでにぎわいをみせていました。

still0311_00004