伏木高校で英語かるた大会

2019/02/04 ~放送

伏木高校で31日、
英語で書かれた札を取り合う
かるた大会が行われました。

伏木高校は、国際交流科の単独校で
毎朝5分間、英語の校内放送を行うなど
語学に力を入れており、
英語かるた大会は、2014年から毎年行われています。

ことしの大会には1年生120人余りが参加し、
日常会話やことわざなどが
英語で書かれた100枚の札を6人で取りあいました。

先生が日本語で意味を読み上げると
生徒たちは英文の書かれた取り札に
すばやく手を伸ばしました。

毎朝の校内放送で繰り返し流され
聞きなれていることもあって、
生徒たちは機敏な反応をみせていました。

最後に、
それぞれ取った札の枚数を数え、
上位3位までの生徒が表彰されました。

still0204_00002