福岡町で恒例の元旦マラソン

2019/01/07 ~放送

福岡町で1日、恒例の元旦健康マラソンが行われ
大勢のランナーがことしの走り初めを楽しみました。

ことしで39回目を数える元旦健康マラソンには、
小学2年生から73歳までの合わせて396人が参加しました。

Uホールで行われた開会式では、実行委員会の川島 国会長が
「平成最後の元旦マラソンを走っていい一年をスタートしてください」と激励しました。
午前7時、気温零度の寒さのなか、参加者は元気に走り出しました。

コースは小矢部川を渡ってUホールへ戻る4キロで、
途中、初日の出を拝むこともできました。
参加者は澄んだ空気のなか、思い思いの走り初めを楽しんでいました。

still0107_00000