消防出初め式、雨のなか誓いあらた

2019/01/07 ~放送

高岡市の消防出初め式が5日市役所前などで行われ、
消防団員が はしご乗りや裸放水を披露して
ことし1年防火と防災への誓いをあらたにしました。

ことしの出初め式は、 消防職員と消防団員合わせておよそ1000人が参加し、
髙橋市長による検閲のあと、41台の車両とともに力強く行進しました。

特別演技では伏木方面団と福岡方面団の団員3人が
高さおよそ7メートルのはしごに登り伝統の技を披露すると
訪れたひとから拍手や歓声があがっていました。

この日は 冷たい雨が時折激しく降るあいにくの天気になりましたが、
福岡方面団の団員が威勢よく裸放水を行いました。

このあと古城公園西側の濠では、 消防団のポンプ車など32台が一斉放水を行い、
出初め式を締めくくりました。

「平成31年高岡市消防出初式ダイジェスト」
9ch 1月14日(月)~20日(日)午後4時、午後8時30分から放送

still0107_00002