近藤さんから多彩なダンス表現学ぶ

2019/01/07 ~放送

ダンスカンパニー「コンドルズ」を主宰する プロの舞踊家、
近藤良平さんの ワークショップが5日ウイング・ウイング高岡で開かれ、
市内の高校生らがダンスの多彩な表現を学びました。

これは、市民文化振興事業団が 「天才たちと何できる?」と題して
シリーズで企画しているもので、 第4弾の今回は近藤さんが講師をつとめました。

この日は、 高岡高校の体操部や 高岡第一高校のダンス部などの高校生を中心に
一般のひとを含めて65人が参加しました。
ワークショップでは 動きのバリエーションを 増やすために
フラダンスなど外国の踊りをまねたり、 わざと奇抜な動きをしたりし、
自分の殻を破って表現の幅を広げる 取り組みを行いました。

このあと、 参加者は4人1組になり
グループごとに パフォーマンスをつなげるという発表を行って、
この日学んだ成果を披露していました。

still0107_00003