カメラ館で浅井愼平写真展

2018/12/03 ~放送

雑誌やテレビなど幅広い分野で活動している写真家、
浅井愼平さんの写真展がミュゼふくおかカメラ館で今月1日から開かれています。

浅井愼平さんは1937年、愛知県瀬戸市生まれの81歳。
1966年、ビートルズが来日した際にオフィシャルカメラマンを
つとめたことから注目を集めるようになりました。

今回の写真展では、浅井さんが2011年から13年に、アメリカやニュージーランド、
日本などで撮影したスナップを中心に61点が展示されています。

このうち、沖縄で撮影した作品は、英語の雑誌や看板が並ぶ風景が切り取られており、
北谷町で撮影した壁の写真は、沖縄県の基地負担の重さを表現しています。

また、アメリカテキサス州ダラスのネオンや、ニューヨークで起きた
同時多発テロの復興工事の現場なども目を引いています。

この浅井愼平写真展『「H?B?」「星の片隅」より』は
ミュゼふくおかカメラ館で来年1月20日まで開かれています。

still1203_00008