12月補正予算案 小中学校にエアコン

2018/12/03 ~放送

高岡市は12月補正予算案で市内すべての
小中学校の普通教室にエアコンを整備すると発表しました。

これは髙橋市長が26日の記者会見で明らかにしたものです。

12月補正予算案では一般会計が61億8940万円余りで、
財政健全化に取り組む市債の一部借り換え分をのぞくと17億2707万円余りとなりました。

このうち、市内すべての小中学校の普通教室と特別支援学校に
エアコン設備を整備する事業に11億2900万円余りを計上しました。

教育委員会によりますと、市内の小中学校の普通教室は
中学校12校で149室、小学校26校で337室のあわせて486室となっていて、
国の補助を受けるため市の実質負担は4分の1のおよそ3億円となる見込みです。

髙橋市長は「来年の夏に間に合うようできるだけ努力したい」と述べました。

市は、この補正予算案を3日からの12月定例市議会に提案することにしています。

また、この日の会見ではおとぎの森公園の屋内施設などを5700万円かけて
リニューアルすることも明らかにされ、1階に室内型としては日本初の「ふわふわドーム」、
2階に「ボールプール」が来年3月中旬に完成するということです。

still1203_00004