最先端素材のペン皿作り

2018/08/06 ~放送

セルロースナノファイバーという
最先端の素材を使ったペン皿を作る
子供向けの教室が1日、
二上町にある県の施設で行われました。

これは、
科学に興味を持ってもらおうと
県の産業技術研究開発センターが毎年開いているものです。

この日は、
県内の小学4年生から6年生と保護者ら
あわせて20人あまりが参加しました。

はじめに、センターの職員から
セルロースナノファイバーの説明があり
鋼鉄の5分の1の軽さで強度が5倍以上あることや
植物から作ることができ
環境負荷が少ないことなどの特徴が紹介されました。

このあと、参加者は
セルロースナノファイバーを使った
プラスチックのペン皿に、
思い思いの図柄を描きました。

そして、
赤・青・黄・緑の特殊な液に浸して着色し、
水洗いをして完成させました。

still0806_00001