吹奏楽のカリスマが指導

2018/07/02 ~放送

吹奏楽の指導者として知られる
藤重佳久さんがこのほど高岡を訪れ、
市内の中学校の吹奏楽部にアドバイスをしました。

藤重佳久さんは、
長崎の中学校高校で吹奏楽部の監督をつとめ、
無名の吹奏楽部を
わずかな期間で全国大会に
出場させるなどした実績から
「吹奏楽のカリスマ」として知られています。

藤重さんの指導は、
2日間にわたって3つの会場で行われ、
合わせておよそ300人が参加しました。

このうち、
戸出コミュニティセンターでは、
福岡と戸出の2つの中学校の吹奏楽部が
コンクール課題曲などを演奏し、
藤重さんのアドバイスを受けました。

藤重さんは、
呼吸法や表情、表現力などについて
演奏に足りないものを指摘しました。

藤重さんは、
「音楽家に大事なことは勇気。
おそれないで聞きたいことはどんどん聞いてください」と、
気さくに話しかけていました。

still0702_00004