射水神社 冬至祭でユズ奉納

2017/12/25 ~放送

1年で昼の時間が最も短い冬至の22日、
射水神社で「冬至祭」が行われ、ユズを奉納しました。

これは、冬至にユズ湯に入る伝統を大切にしてもらおうと毎年、行われているものです。

この日は、射水神社の拝殿に参拝者らおよそ80人が参列しました。

神事ではユズ120個を神前に供えました。

このあと、神職が沈みかけた太陽を真昼の勢いに戻すとされている
舞楽「蘭陵王」を奉納しました。

このあと、奉納したユズが参拝者に1個ずつ配られました。

still1225_00003